氷の世界を存分に楽しめる「もんべつ流氷まつり」! 氷の世界を存分に楽しめる「もんべつ流氷まつり」!

氷の世界を存分に楽しめる「もんべつ流氷まつり」! 氷の世界を存分に楽しめる「もんべつ流氷まつり」!

2月は、オホーツク海一面に流氷が訪れる紋別観光のハイシーズン。厳しい寒さが魅力に変わる、オホーツク紋別の最大のイベント「第57回もんべつ流氷まつり」は2019年は2月8日(金)~2月11日(月・祝日)までの4日間開催されます。趣向を凝らした盛りだくさんの体験型イベントに、ご家族やお仲間と参加してみませんか!

流氷まつりイメージ

祭りの主役であるメイン像は、氷柱を約5,000本使用したダイナミックなものとなっており、1月中旬から約1ヶ月かけて製作されます。氷柱は市内の池から切り出した天然氷を使用、透明感と輝きが氷像の美しさを際立たせます。今回メイン像の熊本城は復興のシンボルとして、北海道をはじめ災害被害にあった各地を応援します。

流氷まつりイメージ

氷像のほかにも、市民有志や各種団体が製作した話題のキャラクターや氷のすべり台など、鑑賞だけでなく、体で楽しめるものまで会場に立ち並び、毎回訪れる人たちを魅了しています。
まつり期間中の「オホーツク味覚の市」では、地元の海産品をはじめ、地元では行列ができる「フレンチドッグ」(アメリカンドッグ)の砂糖味など、お祭りの定番品が出店する予定で、体の中から寒さを吹き飛ばしてくれます。このほか、流氷あいすらんど共和国では氷点下の屋外でバーベキューパーティーを行う「オホーツクまるかじりパーティー」や難攻不落の巨大迷路が登場します。また、氷像は流氷まつり終了後も、暖気で氷が溶け出すまで展示を続けており、まつり期間中に来られなくても見るチャンスがあります。
ガリンコ号の乗り場からも近いので、効率よく見学することができます。

第57回もんべつ流氷まつり期間中には様々なイベントが開催されますが、その一部をご紹介いたします。
2019年2月8日(金)
開会式
2019年2月9日(土)
第4回オホーツク流氷曳き人間ばんば大会
オホーツクまるかじりパーティー
2019年2月10日(日)
氷柱ガマン抱きつき大会
大漁祈願祭「流氷もちまき」
オホーツク氷早切大会
2019年2月11日(月・祝)
耐寒!のど自慢大会 等

2019年2月1日(金)~3月10日(日)紋別観光周遊バス「シーアイス号」が運行されます!紋別空港発着で効率的に、そして心配な冬道を運転することなく観光できますよ。
詳しくはこちらのページをご覧ください:http://mombetsu.net/シーアイス2018

2019年2月1日(金)~3月10日(日)紋別観光周遊バス「シーアイス号」を運行します!

早春は絶品の「流氷海明け毛ガ二」にもご注目! 早春は絶品の「流氷海明け毛ガ二」にもご注目!

海明け毛ガニイメージ

季節は巡ります。3月下旬、オホーツク海を閉ざす流氷が姿を消すと、紋別には絶品との出合いが訪れます。流氷は美しい姿とともに、栄養豊富な動物性プランクトンを運んでくるので、冬の間、流氷の下で暮らす毛ガ二たちはその豊かな養分から、引き締まった身と濃厚な味噌を蓄えるのです。海明けのオホーツクでしか出合えない、格別な流氷海明け毛ガニを紋別でぜひ、ご賞味ください。

PAGE TOP